雑記36

土曜/伊豆/うずわ/一碧湖/紅葉/首無しボート

朝早くに車を出してもらって、伊東へ行った。
伊東は東伊豆のさわりくらいの位置にある町だが、それでも都内から車で行こうとすると、何だかんだで3時間くらいはかかる。電車でも2時間程度はかかる。神奈川の延長線上だろと余裕で構えていると、意外とゆっくりできる時間が無いことに気付く。

f:id:sonotenoyatsu:20211129232103j:plain

日帰り温泉で汗を流した後、駅前の地魚系の居酒屋で昼食をとる。
「うずわ定食」なる未知の名の定食が目玉らしく、頼んでみると、赤身のなめろうと言うか、ミンチのような何かが大皿にベッタリと塗りつけられていて、インパクトは凄い。
最初にそのまま醤油に付けて食べる。次に白飯と一緒に食べる。最後に出汁をかけてお茶漬けにして食べる。デジャヴな手順だなと思ったら、ひつまぶしだ。出汁をかけると、うずわが白く固まって即席のつみれのようになって面白い。
あまり想像の範疇を超えてくることはなかったが、とりあえず「名物を食った!」的な充足があった。観光地の飯はうまいまずいよりも、そこでしか得られないものを得る経験が第一だ。ラーメン発見伝の、あの有名な一コマで言及されていることと大体似たような話かもしれない。

f:id:sonotenoyatsu:20211129232723j:plain

少し南下して、一碧湖へ行った。
恥ずかしながらこの時まで一碧湖を知らなかったのだが、こぢんまりとして長閑な火口湖だ。

f:id:sonotenoyatsu:20211129232840j:plain

紅葉を見に訪れる人が多いらしい。
毎年毎年、紅葉でも見に行くかと調べたら大体早過ぎたり遅過ぎたりしてジャストタイミングに巡り会えることがまったく無いのだが、今回に限ってはどうもドンピシャのようで、しっかりとモミジが色付いてくれていた。

f:id:sonotenoyatsu:20211129233005j:plain

入口側の岸辺の端の方に、首無しのアヒルボートが座礁していた。
トイレの入り口の真正面に佇んでいるもんだからたちが悪い。漏らした奴も一人か二人くらいはいるだろう。

日曜/パルコ/くるり/敬称略

くるりのポップアップストアに行った。25周年を記念して、くるりの地元京都と東京の2箇所で行われた企画で、東京会場は渋谷のパルコだった。

f:id:sonotenoyatsu:20211129233201j:plain

現地に着いて買うものを物色していると、スーツ姿の関係者のような誰かが、もう一人の誰かに向かって大変丁寧に商品の説明をしている。誰だと思って見てみたら、サバンナの高橋だった。もしやと思って辺りを見渡すと、やはりニューヨークの嶋佐もいて、そして岸田本人もいた。あまり広くはない店内で、僕と岸田が隣合わせで並んでいる。
その日、岸田、高橋、嶋佐の3人でトークイベントが開かれることは知っていたが、まさかこのタイミングで店舗に来るとは思わなんだ。僕は大変ミーハーな人間だから簡単に舞い上がってしまったが、なんとか声をかけるのを押し留めて、さっさと店を出た。
周りのお客さん達も、声をかけるどころかまったく反応もしていなかった(ように努めていたんだと思うが)。くるりファンは偉い。

f:id:sonotenoyatsu:20211129233314j:plain

合皮のジャケットポーチを2つと、ステッカーセット。
歴代のアルバムのアートワークをあしらったジャケットポーチは、開けるまで何が当たったかは分からない。アンテナとさよならストレンジャーがいいなと思っていたら、図鑑と坩堝の電圧がやって来た。
坩堝の電圧か……」
いや、何が当たろうと決して悪くはございません。大事に使わせていただきます。