雑記28

夏であるな。いよいよ耐え忍ぶ季節がやって来たなと思う。
何の陰りも無い夏空の日曜日だが、もう暑すぎて外に出る気が些細も起きない。

扇風機に煽られながら、この前出た松本隆の50周年記念トリビュート盤とかを聴いている。
川崎鷹也の歌う「君は天然色」がとても良かった。概ね原曲に忠実で、サビのドラムのタム回しもしっかり入っている。コレの有無でこの曲のカバーは大分違うのだ。

SRとワンイチ

SRでワンイチに出た。ワンイチとは東京湾一周の略語で、東京を出発点として海沿いを南下、横須賀から浜金谷までフェリーで海上を横断、浜金谷から内房を北上し、再び東京に戻って、おおよそ200kmある。

3年前のGWに、ロードバイクを使ってこれを試したことがあった。初日は川崎駅からスタートして、浜金谷に着いた時点で夕暮れ。その後もしばらく走り、君津の公園で野宿。2日目は新小岩の駅まで上って、ギブアップした。
公園ではよりによって池沿いの東屋で寝たもんだから、ヤブ蚊が俺の顔を刺しに刺しまくって、何かのヤバい病気みたいに斑点まみれになったことを覚えている。次の日に会った人間には、まず顔を合わせた段階で引かれ、事情を説明したら更に引かれた。

自転車は漕がなければ進まないが、バイクは漕がなくても進むのだった。スピードも車並みに出るし、下道とは言え余裕で日帰りはできるだろう、ということで朝の8時過ぎに川崎の自宅を出て南下する。

f:id:sonotenoyatsu:20210718165935j:plain

横須賀に至るトンネルで大渋滞があったりして、久里浜港に到着したのは11時半頃。ここでフェリーのチケットを買って、浜金谷までは僅か40分。

f:id:sonotenoyatsu:20210718172202j:plain

まあ見事な天気で、久里浜港から既に湾の対岸が見える。甲板に出ようと思ったが暑くて死にそうだったので、冷房に当てられながらしばらく身体を冷ます。これからの時期、クーリングポイントはマジで大切だ。

f:id:sonotenoyatsu:20210718170630j:plain

久里浜はまだベッドタウンの空気を僅かに残してはいるが、浜金谷まで来るとすっかりいち地方の小さな港町といった趣だ。
とりあえずお決まりなので、海をバックにSRを撮る。ダルナントカカントカブルーがオーシャンブルーとうまい具合に調和していて、街乗りはいざ知らず、こういった遠出で使うなら絶対この色だよなあと改めて思う。

f:id:sonotenoyatsu:20210718171016j:plain

港から国道127号を北上してすぐのところにある「漁師料理かなや」で昼飯をとる。
富津名産のあなご丼、丼もそうだけど味噌汁が何故か凄いボリュームだった。右上の小鉢に入っているネバネバの海藻を入れて食うといいらしい。早いとこサラリーマンなんて辞めて、港町を渡り歩いてこういうものばっかり食って生きていきたい。

f:id:sonotenoyatsu:20210718172144j:plain

ここから先はただただ移動するのみで、観光要素が一切無ければ写真も撮っていない。
君津の辺りまでは海岸、山、田畑、神社、入り組む路地、木造平屋、単線――みたいな、いかにもベッドタウンボーイ(僕のことです)が泣いて喜びそうな風景が広がっていたが、以北は京葉工業地域のド真ん中に差し掛かり、道は高規格2車線、沿道には火を噴くコンビナートといった図式となる。
景色が単調になり、食後もあってか一気に眠くなる。単車を転がしながら意識が飛び飛びになるのはシャレにならん。何とか耐えて木更津のイオンでかき氷を食べたら、途端に醒めた。クーリングポイントはマジのマジで大切だ。

木更津から先は国道16号、所謂東京環状となる。市原のコンビナートを左に眺めつつ、蘇我を過ぎると一気に都市部の風格となる。ここまで来てしまえば都心と地続きだから、後はもう帰り道の感覚で粛々と進むのみだった。
船橋ららぽーとで晩飯を食い、14号線に乗る。西船の辺りまではアホみたいに渋滞していたが、そこからは簡単なものだった。江戸川を渡り、錦糸町秋葉原、小川町を左折して皇居沿いを抜け、三田で慶應の角を曲がり、明学の坂を越えて五反田へ。それからは中原街道を直進し丸子橋を通過、ゴールは22時過ぎ。時間は掛かったが、まあ日帰りには違いない。

f:id:sonotenoyatsu:20210718174510j:plain

地図で簡単に線を引くと、こうなる。京浜間を除けば綺麗に海岸沿いを一周。これで200km。
渋滞が多すぎてクラッチを引く手が筋肉痛になったり、腰を痛めたり、バイクでも言うほど楽な道程じゃない。今コレを自転車でやれと言われたら躊躇するかもしれない。特に木更津~千葉間の京葉工業地域沿いは、車はメチャクチャ飛ばすわ路側帯は無いに等しいわで自転車乗りに人権が無い。
機会があったら浜金谷から南下したいなと思っている。館山とか鴨川とか、そっちの方向に行って一泊したりしよう。多分コンビナートを見るよりはそっちのが楽しいでしょ。