雑記22

大分間が空いた。決して書くのが面倒になったワケじゃあないんです。
年度末は忙しないでございますね。

ロゴを作ってもらった

ヘッダーをご覧いただきたい。実は水面下で……別に水面下である必要は無いけれども、このブログにも相応しい、まさしく三白眼を基調にしたロゴを作ってもらったのである。

f:id:sonotenoyatsu:20210328160320j:plain

先月の上旬、唐突にそういうものを作ろうと思い立ち、古くからのネットの知り合いである天(@ten_72_s)さんに頼み込んだところ、快諾していただいた。そこからは僕の抽象的なイメージを基に何パターンもアイデアを出してもらい、うち目ぼしかった一案をブラッシュアップして、無事完成。
2人で何となく共有していたイメージとして「文庫本の表紙や背に載っているような出版社のエンブレム」というものがあった。ああいうのって古めかしくて怪しいイメージがあるでしょう。「廻想体マキナ」と言うレトロで角ばったフォントも相俟って、多分にそれっぽい仕上がりにしていただきました。有難うございました。

今のところはブログのタイトルやらアイコンやらにチョコチョコ入れ込むくらいしか使い道が無いわけだけど、そのうち出すであろう書籍の表紙等々にも使ってみようと思っている。その時までこの目つきの悪さにも親しんでもらえれば。

続・イヤのホン

以前のエントリで僕の驚異的なイヤホン運の無さが分かったかと思う。
かくして先々月に交換修理(と称して実質1万7000円で新品を買った体)で手に入れた「BOSE Sport Earbuds」を、先週紛失した。2ヶ月も持たなかった。
これは流石に最短記録に近い。どれほど探しても見つからず、いよいよ戻って来ることを殆ど期待できないと悟った時、逆にすこぶる冷静になれた。これが一度や二度くらいの話なら「不注意」とか「片付ける癖を付けないのが悪い」とか適当な理由を以て反省するだろうけれど、僕くらいにまで重なれば、それはもう不思議な力が働いているとしか思えん。
紛失を知ってから新しいイヤホンを買うまでの流れは実にスムーズだった。必要経費のようなものだから躊躇は無い。丁度ゼンハイザーのワイヤレスがamazonでタイムセールだった。CX400BT、定価2万3000円のところを1万と3000円也。

いつか、メインのワイヤレスが故障した時のつなぎとして同じくゼンハイザーIE-40と言う有線のモニター用イヤホンを買っていた。高音が刺さり気味なところ以外はバランス良くとても好みの音だったから、同じような音質を期待して買ったが、思ったよりもベースが幅を利かせてくるから驚いた。とは言え全体的には満足が行った。
ただ、防水防滴ではないから、普段使いはともかくランニングでの使用は厳しい。タイムセールにつられてロクにその辺りの考慮もせずに買ったから、もうランニング用はランニング用と割り切って、そこら辺の有象無象の中から適当な防水タイプのものでも探そうかと考えていた。
それはそれとしてイヤホンが届いた次の日、始業前に職場の机周りを掃除していたら、見覚えのある青いケースがあった。失くしたと思っていたEarbudsが、机の下の隅の隅の方で縮こまっている。てっきり二度と逢うことはないと思ったのに、後継機を買ったとたんに戻ってきやがった。

「えっ、今更?」

図らずして僕はそこそこいいワイヤレスを2機持っているそこそこゴージャスな男になってしまった。ここ数日は、今日はどっちを持っていこうかしらんとか贅沢なことばかり考えている。どっちかが壊れても安心だ。今度こそ俺の勝ちだ。

みきわまってんのか

バイクの教習に通い始めたのが先月で、教習所に無理を言って詰め込めるだけ詰め込んでもらったから、あれよあれよの間に今日の午前中に第二段階のみきわめが通り、残るは卒業検定のみとなった。
今日も含めて何かとボロカスに言われ続けてきて、その割には特に復習も無くここまで来てしまったから、大いなる不安が募る一方である。これで、よしんば受かってしまったとしたら、もう公道に出られるわけだから、凄えなあと思う。未だに気を抜くと発進でエンストするような奴が、公道なんて走れるワケないんだから。

バイク屋から電話が来た。お前のSRはもう納車された、保険どうするのよ。正直まったく考えておらず、ここに来てそういやそういうものもあったなと思い出す始末だ。早いとこ電話を入れて、詳しい打ち合わせをする時間を作ってもらわないと。
そういや駐車場も契約してないな。本当にこんなんでバイクに乗れるのだろうか。

赤いちゃんちゃん……ライダース

B'zのギタリスト兼リーダー兼コンポーザー兼プロデューサーのTAK MATSUMOTO氏が昨日付けで還暦を迎えられた。赤いちゃんちゃんこならぬ赤いライダースジャケットに赤いレスポール、さりげなくサングラスの縁も赤い。

僕がファンになった頃は40後半で、そこから15年近くが経過しているワケだから当然その分の時間の流れはあるにせよ、それにしても還暦とは。
僕の中で60過ぎのロックミュージシャンってのは、ロックを聴き出した頃には既にそのくらいの歳だった人達……ジミー・ペイジとか、エリック・クラプトン辺りで固定化されているから、松本に限った話じゃなく、90年代J-POPのド真ん中にいたような人達が次々と還暦を迎えているここ数年、どうにも不思議な気分になりがちだ。やはり皆普段はそう見せないだけで、歳を取るのだな。そりゃ俺も歳を取るわけだ。
これからもどうかお元気でいてください、ファンに願えることはそれだけでございます……。